手湿疹と台所用洗剤

台所用洗剤が合わないと手湿疹になる

あるとき突然、手湿疹になりました。
かなり症状はひどかったのですが、
「手湿疹ごときで病院なんて行きません。
ハンドクリーム塗って、オロナイン塗れば治るでしょう!」
なんて思っていました。

 

ですが、右手の指の間にできた湿疹がどんどん広がって、
ジュクジュクしたり乾燥したりを繰り返し、
そのうち指のほうにまで広がって、左手にも広がって、
もう最悪です。
夜は眠れないし、痒いし、掻くと滲出液が出てきます。
乾燥すると、ぱっくり亀裂が走り、痛すぎます。

 

ネットで調べてみたら、どうやらこれは『主婦湿疹』。
台所用洗剤などでできる手湿疹だということが分りました。
そういえば、プレゼントで貰った洗剤に変えたんだった・・・と思い出し、納得です。
自分で台所用洗剤を買うときには、ある程度値段のする、質が良さそうなものを使っています。
プレゼントだったから、きっと安物だったんだな。

 

台所用洗剤には、汚れが早くきれいに落ちるように、
合成界面活性剤が含まれているそうです。
化学物質なので、肌に刺激が強く、肌への負担が強いことはいうまでもありません。

 

汚れが早くとれて、すすぎが簡単な洗剤はとても便利なのですが、
「こんな手湿疹ができるようなものは売らないでほしい!!」
と、思ってしまいます。

 

台所用洗剤は、とても強いので、ゴム手袋をして使うか、
薄めて使うとよいそうです。

 

私は、ゴム手袋も苦手で、ゴム手袋でも手あれがおきるので、
洗剤を薄めて使っています。
汚れが強い油やカレーの鍋などは、そのまま使いますけれどね。